アカデミーの沿革

1992年4月

「自他への思いやりの心を土台とした幸せな社会の実現」を理念とし、プロトコールを含めたノブレス・オブリージュ教育(紳士淑女教育)のサロンを開設(上月マリア理事長創業)。

2000年9月

パルコ毎日新聞カルチャーシティに於いて、上月理事長が考案した日本女性の潜在能力開花のための淑女レッスン『My Fair Lady Lesson(商標登録477889)』を開講。受講生数は、カルチャーセンター教養部門全国第1位となる。

2003年2月

『My Fair Lady Lesson』が、女子中・高等学校の総合学習用教材となる。『10代の生き方ヒント 礼儀と作法基礎入門編』(上月マリア著・栄光出版))

2003年9月

プロトコールを広く一般に普及した功績により、上月理事長が日本文化振興会より「社会文化功労賞」を受賞。

2003年10月

「日本プロトコール&マナーズ協会」を設立。(運営:株式会社ノーブル)

2004年9月

「プロトコール&マナーズ アカデミー」を開講。(協力:財団法人日本ホテル教育センター、ミス日本コンテスト事務局)

2006年8月

世界平和を目的としたノブレス・オブリージュ教育の普及と国際人の育成に関する貢献により、上月マリア理事長がローマ法王ベネディクト16世聖下より福音書間を拝受。

2006年11月

第1回『デビュタントボール〜椛の夜会〜』を開催。収益金を自保護団体・財団法人WWFジャパン(世界自然保護基金ジャパン)に寄付。

2007年1月

チャリティーブック『幸運体質になる習慣』(上月マリア著・PHP研究所)を刊行。著者印税の10%をWWFジャパンにご寄付。

2007年6月

モナコ公国カロリーヌ公女後援・ノーベル平和賞ジョディ・ウイリアムズ名誉総裁による、地雷の廃絶活動「シネマ・ヴェリテ・国際ランデブー」のスポンサー委員会において、上月理事長がベルギー王国エスメラルダ王妃、ブルボン・シチリア アン王妃らと特別支援を行う。

2007年10月

デビュタント及びヨーロッパ宮廷作法指導の第一人者であるマティアス・マリア・ウリスク男爵を協会の特別講座講師として招致。

2007年11月

第2回『デビュタント&WWFチャリチィーボール〜椛の夜会〜』を開催。収益金を、WWFジャパンにご寄付。

2008年4月

日本プロトコール&マナーズ協会 大阪支部を開設。「プロトコール&マナーズ アカデミー」大阪支部を開講する。

2008年10月

上月マリア理事長が、日本を代表するノブレス・オブリージュ指導家の一人として「人物事典」に登録される。

2008年12月

日本プロトコール&マナーズ協会を一般社団法人に組織変更。

2008年12月

クリスマス・チャリティパーティーの収益金を、難病と闘う子供の夢を叶える世界組織「メイク・ア・ウイッシュ・オブ・ジャパン」にご寄付。

2009年1月

日本プロトコール&マナーズ協会 名古屋支部を開設。「プロトコール&マナーズ アカデミー」名古屋支部を開講する。

2009年10月

「プロトコール&マナーズ アカデミー」の名称を「ノブレス・オブリージュ アカデミー」に改定する。

2010年4月

ノブレス・オブリージュアカデミー プロ科卒業生有志による「自分力・日本力 向上委員会」を発足。

2010年12月

クリスマス・チャリティパーティの収益金を、難病と闘う子供の夢を叶える世界組織「メイク・ア・ウイッシュ・オブ・ジャパン」にご寄付。

2011年通年

東北大震災復興支援「上月マリアの人生塾」を通年開講。収益金の一部を日本赤十字社にご寄附。

2012年1月

ニューイヤー&チャリティパーティの収益金を、東北大震災母子支援金として公益社団法人誕生学協会にご寄附。

2012年5月

中国山東省 科学技術省主催「外国語スピーチコンテスト」において、高谷理事が日本を代表し審査員として赴く。また、参加者に対する上月理事長のメッセージ(映像)が公開される。

2012年7月

中国中央政府主催 ICT国家試験設立決起大会に当協会がアジアを代表するプロトコール&マナー教育機関として招致され、上月理事長が「成功のための国際ビジネスマナー」の講演を行う。

2017年1月

「第49回ミス日本コンテスト」協力機関となる。ミス日本コンテスト・ファイナリスト勉強会において「国際舞台で活躍するためのプロトコール」を担当。